格安車検の探し方

車検は新車なら3年目、それ以降なら2年に1回必ずやってくるお金のかかる点検整備です。

 

しかし車検を出すには整備工場を見つけなければなりません。

 

ここで多くの方は今の車を買ったお店だったり昔からの知り合いのお店に出すのがほとんどだと思います。

 

そうなると整備に対する信用はありますが、その価格が本当に安いのかどうかは他と比較しようがなかったりもするので、なんとなく毎回同じところに頼んでいるというのが実情ではないでしょうか?

その車検、本当に適切な価格?

車検で必要な費用は大きく2つにわけられ、1つは全国一律の法定費用、もう1つは整備工場によって違う整備費用です。

 

この整備費用については、車のことを詳しく知らない人からすれば「言われたままに」とか「全部お任せ」といったケースも多いようです。

 

しかし、出来ることなら費用は安く抑えたい!と誰もが思うはずです。

 

もともと自動車の整備をしていた自分の経験からすれば

 

整備なのでそれはそれで「無駄」なものはありません、しかし「そこまで必要はないよね」

 

ということが多々あります。

 

例えばディーラーなどの見積もりでは以下のような項目があったりします。

  • 下回り及びエンジンルーム洗浄
  • タイヤローテーション
  • 検査機器による測定費
  • ブレーキフルード
  • エンジンオイル
  • ワイパーブレード
  • ワイパーゴム
  • バッテリー交換
  • バッテリー交換手数料
  • エアフィルター
  • エアフィルター交換手数料
  • エアフィルター
  • エアコンフィルター交換手数料
  • リモコンキーの電池交換
  • 洗車

全てが不要だとはいいませんが、ハッキリ言ってワイパー交換なんて水ハケが悪くなってから行えばいいし、バッテリーも最近は寿命が伸びたりしているのでこれも不調を感じたら交換で十分です。

 

しかし、車検をする側としてはそれぞれ無条件で交換してしまうことも出来る大切な収益源(悪質に儲けようと思っているわけではありません)となっているのです。

 

特に「ブレーキが…」的なことを言われると焦ってしまい、ついつい頼んでしまったりしていませんか?

 

ちなみに法律で決まっている車検とは、基準さえクリアしていれば上記の部品はすべて交換する必要が無いのです。

ホリデー車検で1円でも安く車検をする(なぜ安いのか)

まず前提として「公的費用」では節約することはできない。

 

一般的に自動車の車検はお財布に痛い出費になるイメージが一般的にはあります。自動車整備事業に関わる約9万件の事業所を会員とする一般社団法人 日本自動車整備振興会連合が公表した平成23年度の自動車整備白書によれば、自動車整備業全体でかけられている平均的な車検整備費用は、約5万8000円に達するそうです。

 

ここに含まれる料金は名目として点検の技術・作業に対する「基本料」、車検に必要なデータ作成および機器を使う「検査料」、申請のための「事務手数料」がかかりさらに不可欠な「点検・整備費用」が含まれます。

 

忘れてしまいがちですが車検を通す=安全を保障するものではありません。車検を通すために必要な完成検査は保安基準に適合していることを確認するものであり、劣化したパーツや不具合の箇所を見つける点検作業とは時に異なります。

 

こうした点検をもとにしっかり整備されていれば、車検適合ステッカーととともに「安心」という「ステッカー」をつけてもいいでしょう。ただしその安心の担保として点検・整備にはそれなりに時間とコストがかかってくるわけです。

 

さらに実はこの金額には車検取得時の「公的費用」が必ず加わります。たとえば軽自動車の場合、重量税が6600円と24ヶ月の自賠責が2万5070円、印紙代が1100円で合計3万2770円のプラス。2000kgを超える大型ミニバンでは重量税が4万1000円と嵩むために、合計6万7930円が加算されることになります。

本音でいえば、工場に張り付いて「必要性」をチェックしたい

総額では決して気軽な出費とは言えません。だからこそ削れる部分はできるだけ安くしておくことが大切です。もちろんディーラーを始めとする運輸局に指定された民間の車検工場でも、ユーザーに損をさせるような作業や工賃、部品代を設定するようなことはないでしょう。

 

ちなみに民間車検工場とは国の検査場と同じレベルの自動車検査を実施することが認められている民間の整備工場のこと。法律で規定された作業設備や施工者の技術などが一定基準を満たしていなければ、指定を受けることはできません。

 

民間車検工場にはさまざまな条件が課せられています。とくに車検時にはその前に法定24ヵ月点検を実施しなければなりません。もしも基準に合わない不具合や不正箇所があれば、その部分を交換整備し基準を満たしたものを合格とするように法律で定められているのです。ですから「必要」を思われる作業は、すべてこなすことになります。

 

とはいえ支払う方からすればやはりその作業が本当に必要なものなのか、その部品は絶対に交換しなければいけないのか、ひとつひとつの「出費」を本当はチェックしたくなってしまいそうです。もっとも工場としては四六時中作業を見張られているようで、気持ちのよいものではなさそうですが。

「車検料」が約2万2000円も安くなる節約術

そんなユーザーにとって理想的な車検を実現しているのが、日本全国に250店舗を超える加盟店を展開している「ホリデー車検」です。加盟店はすべて指定を受けた民間車検工場ですが、徹底した効率化と無駄のないシステムによって車検料のうち基本料と点検整備料を徹底的に省いています。

 

平成23年の同社調べデータによればホリデー車検の平均的な車検整備費用は約3万5930円と公表されています。自動車整備白書の平均金額約5万8000円に対して、約2万2000円も節約できる計算です。

 

このように「ホリデー車検」が大幅に車検費用を抑えることができる理由のひとつが、「対話型立会い車検」というシステムです。一般的なお任せではなくまさにユーザーがひとつひとつの「出費」を、チェックすることができるのです。

 

まずは入庫後専門のメカニックたちによって、不具合のある部分や交換を検討すべき消耗部品などがピックアップされます。この時ユーザーは待ち合い室でのんびり過ごしています。

 

ひととおりの点検が終わった段階でユーザーはカーアドバイザーから実際に作業を進めているブースで説明を受けます。これが「立会い」で約10分ほどの間に愛車の状態や不具合の程度、交換すべきか否かというポイントについてアドバイスを受けます。ユーザーはその提案をもとに作業内容を判断し、決めていきます。

 

今までは「言い値」的で不明確な部分が多かった車検に関する費用が、とてもクリアにわかるのでユーザーも十分納得。それがなによりも高い満足感につながります。もちろん車検に合格する基準を満たすための「必然」は、納得するまで説明してくれます。コストを安全と引き換えにすることは、絶対にありません。

 

逆にディーラーなどではごくごく当たり前に「車検」サービスの一環として行われている下廻り洗車・下廻り塗装・外部洗車・ワックス掛け・室内清掃・試運転など、実は法律で規定されていない作業はしっかり省略。不必要なコストは徹底して削っています。

無駄を省いた「合理化」こそが、最大のユーザーベネフィット

無駄を極力排したパーツ交換も出費を抑えるためには効果的な取り組みと言えるでしょう。たとえば洗浄すればまだまだ使えるパーツについては、交換することなく積極的に再利用することを推奨しています。

 

また交換せざるを得ない消耗パーツに関しては、新品パーツではなかくリサイクル部品の使用を提案しています。もちろんクオリティの高さはしっかりキープしながら、購入価格を抑えることが可能になります。こうした節約術ができるのも、カーアドバイザーと徹底的に対話しながら作業を進めていくことができるからです。

ユーザーはもちろん加盟店にも「優しい」戦略プライス


このようにコスト低減につながる「立会い車検」は、ユーザーが自ら愛車を運んで店舗を訪れることなど、ほかにもさまざまな手間を省く効果も生んでいます。

 

完全予約制はユーザーを待たせないスピーディな車検を実現していますが、同時により多くの台数をこなすことができるというメリットにもつながっています。ユーザーと加盟店はまさにウインウインの関係にあるワケです。

 

そういう意味では車型やクラスに関わらずもっとも安い店舗で1万9764円で統一されている「ホリデー車検」の車検料は、「お客様にメリットがあり同時に整備工場が充実した設備・技術と、健全な経営を維持できるギリギリの金額を算出」して決められています。

 

実際は地域や店舗の設備内容に合わせて基本料が5400円ほど違ってきますが、これもまたサービスのクオリティを保ちながら価格を抑える「ベストバランス」を考慮した設定です。ここにも「ウインウイン」の精神が感じられます。

 

クルマの安全性を直接左右するのが車検であり整備であり点検です。「安全」というクオリティをコスト削減のために犠牲にすることはできません。加盟店の努力やヤル気を阻害するようでは、決してバランスのよい価格設定とは言えないのです。

 

ホリデー車検で1円でも安く車検をするコツは実はそうしたシステムのことを、しっかりわかったうえで依頼することなのかもしれません。なにしろ車検はユーザーが必要な書類をしっかり揃え、予約した時間を守ることから始まります。加盟店とユーザーがともに作り上げるという意識を持つことが、結果的にユーザー自身の「お得」につながるのです。

ホリデー車検1日の流れ。車検だけでなくしっかりとしたメンテナンスも実施

一般的にクルマの車検に関してユーザーの手間ひまがもっともかからないと言われているのは、購入したディーラーに任せてしまう場合です。車検の申請に必要な書類を用意しておくことはもちろん必要ですが、いったんクルマを預けてしまえば、引き取りに行ったときには真新しい車検証と2年後の検査月が記された検査標章(ステッカー)が用意されているハズです。

 

一方できるだけお金をかけたくない、節約したいと考えているユーザーに人気があるのは、いわゆる「ユーザー車検」と呼ばれる制度です。これは検査用の書類の準備や検査場への持ち込み、各検査を受ける段階まで含めてすべてをユーザー自身が行います。

 

ユーザー車検はディーラーなどに一任した場合に請求される「手数料」分を浮かすことができるので、お財布に優しいことは確かです。検査を通った後で手にする車検証も車検標章も、ディーラーに頼んだ場合とまったく変わりません。

 

しかしひとつ忘れてはいけないのが、車検を通す=安全を保障するものではないということです。ディーラーでは車検前に必ず念入りな点検・整備が施されます。同様の作業をユーザーがこなそうと思ったなら、かなりの知識と整備技術が必要になることは言うまでもありません。

 

その道のプロが手がけた場合と比べれば安心感がまったく違います。ただしその安心の担保として点検・整備にはそれなりに時間とコストがかかることもまた事実です。

 

そうしたデメリットをホリデー車検は「立ち会い」という独自のシステムで解決しました。車検時のメンテナンスを整備工場で行いながら同時に、受付から車検完了まで最短で30分という時間で終わらせることを可能にしています。ユーザーの手間もひまも無駄にならない画期的な車検システムなのです。

 

この「立ち会い」はほかにもさまざまなメリットを生みました。たとえばそれまでやや「業者側の言い値」的で不明確な部分が多かった車検に関する費用を、よりわかりやすく明確化することが可能になります。同時に完全予約制にすることで無駄な手間を省いたり、ユーザー自身がクルマを運ぶことによって効率化を進めることができます。さらに整備工場でのしっかり作業ぶりを実際に間近に見てもらうことで、なによりも安心感を増すことに成功しました。

まずは完全予約制で受付、ユーザーが持ち込むことで効率化

「ホリデー車検の1日」をスムーズにスタートさせるために、なによりも大切なのがご案内した日時にマイカーを入庫していただくことです。当日は完全予約制でフロントもメカニックも時間に合わせて待機しています。理想は約束の時間の5分前をメドに来店してもらうことなのだとか。

 

受付で車両の確認と手続きを済ませたらあとは待合室で待機していれば大丈夫。のんびりくつろいでいる間にまずはメカニックがしっかり愛車を分解・点検してくれます。気になる不具合や交換すべきパーツを発見したりしたら、あとからまとめて解説してくれます。

 

遅刻や連絡なしのキャンセルはNGです。もしも予想外の渋滞などに巻き込まれてしまった場合は必ずお店に連絡を入れるのがポイント。メカニックなどと気持ち良いお付き合いをするためにも、マナーを守ることが大切です。

法定点検・検査を行うのは、国家資格を持つプロフェッショナル

この点検・整備時に注目したいポイントが、「ホリデー車検」の加盟店には各エリアを代表とする優良整備工場が揃っているということでしょう。それぞれに運輸局から指定された民間車検工場ですから信頼性も抜群です。

 

実際に作業を行うメカニックは国家資格を持ったスタッフばかり。国の点検基準に基づいた検査項目に従って整備関連のプロフェッショナルが数名で行います。これが迅速かつ安全確実な作業を可能にする「ホリデー車検」ならではの、強みのひとつです。

 

しかも全国250店を超える加盟店すべてで作業のクオリティは一切変わりません。それを証明しているのがサービス品質を保証する国際規格ISO9001認証の取得です。ポイントは作業手順がマニュアル化されていること。これによって検査に関わる作業・業務を最大限合理的に進めることが可能になりました。

 

ユーザー車検代行とは明らかに安心感に差があります。整備の提案に関しても実際にユーザーに状態を確認してもらいながら丁寧に進めていくので、納得感や安心感とともにお得感や満足感が違います。しかも車検後のメンテナンスから鈑金・塗装に至るアフターケアも万全です。

立ち会い説明ではわからないことをきっちり聞いておく

カーアドバイザーが呼びに来ていよいよ「立ち会い」の本番です。分解および点検が行われているリフトに移動し、点検の結果を説明してもらいます。わかりやすくいえば愛車の健康診断の結果が告げられるようなものでしょうか。

 

立会い説明は約10分間。重要なポイントは消耗したパーツを交換するかしないか、という判断をユーザーが決められるということです。 部品の消耗具合は見ただけではなかなかわからないかもしれませんが、そこはカーアドバイザーがしっかり適切な部品交換時期をアドバイスしてくれます。

 

あとは車検時に交換するか後日に交換するかを決めるだけです。納得がいかない部品交換であとから請求書をもらってびっくり!するような心配はありません。ただし保安基準に明らかに適合していない部分、つまり車検時に間違いなく不合格となる部分がある場合は法律上も実態としての安全保障上も、その日に整備することを勧めてくれるそうです。

部品交換や整備も、スピーディに完了

あとはふたたび待合室でのんびり過ごしましょう。リフトではやはり数名のメカニックが立会い説明でのユーザーからのリクエストを受けたパーツ類の交換や、必要な部分の追加整備を行ってくれます。

 

時には大きな整備を行う必要が起きる場合もありますが、基本的には作業時間が追加されることはありません。やむをえずより多くの時間が必要になる場合にもしっかり説明してもらえるので、ユーザーはきっと納得できることでしょう。

完成検査で保安基準適合を確認

整備作業が終わったらいよいよ本格的な「完成検査」を行います。これはいわゆる検査場での専用テスターや計測機械を使ってテスト項目をチェックしていく作業で、保安基準適合を最終的に確認するものです。

 

基本的なメニューとしてはサイドスリップ、ブレーキ、速度(メーター表示)、灯火類(ライト、テールランプ)などの機能・動作チェックと排出ガスが基準に適合していることを確認する計測を行います。

完成報告の説明も、とてもわかりやすく

完成検査の各項目に合格していることが確認できた段階で、検査は終了です。ここであらためてカーアドバイザーとユーザーは、立会い点検した時に相談した作業内容を確認します。検査結果の報告は車検整備報告書とともに保証書をもとに、わかりやすい解説を受けることができます。

ホリデー車検なら、クレジットカードで支払いOKの場合も

最後はいろいろな費用の清算となります。クレジットカードでの支払いを希望する場合は、事前にそれぞれの加盟店に聞いておきましょう。最終的に適合標章(仮車検証)を発行してもらって、とりあえず終了。すぐに愛車でドライブに出かけることができます。

ホリデー車検が選ばれる3つの理由

  1. ホリデー車検は不要な整備を省くことでリーズナブルな車検を提案し、他の車検業者と比べて約22,000円の差が!
  2. 受付から最短30〜40分で車検とメンテナンスの作業が完了
  3. 整備士すべてが国家資格を有しているため、安心して車検をお任せ!

ホリデー車検予約へ

ホリデー車検の予約は、インターネットで24時間受け付けています。車検証情報まで入力可能でFAXでのやり取りなどはありません。 パソコンでの操作は簡単4ステップ!!共通情報入力→車両情報入力→ご予約確認→仮予約完了です♪

ホリデー車検はここが違う!車検だけじゃなくメンテナンスも安くする「仕組み」

「ホリデー車検はここが違う!」と言えば、まず真っ先に気になるのはやはり「どのくらい安くなるのか」という興味でしょう。公式ホームページでは車検料や公的費用と一般整備まで含む見積もり総額を比べると、対全国平均よりも2.2万円ほど節約できる、と謳われています。

 

車検時にかかる費用には大きく分けて「公的費用」と「車検料」のふたつがあります。公的費用には重量税や自賠責保険と印紙税が含まれますが、これはどんな場合も必ずかかるもので店舗や業者によって金額が変わることはありません。

 

クルマの種類や排気量などに応じて、すべてのユーザーは法律に定められた同じ金額を支払います。自力でこなす「ユーザー車検」でも、この部分を節約することはできないのです。

 

そこでホリデー車検では「車検料」について可能な限りの低コスト化を図りました。車検費用としては書類作成の手間賃と点検の実施による料金を支払います。この中に含まれる検査料(データ作成や計測機器の使用量)と事務手数料(申請手続き)はホリデー車検全店で共通なので、どこで受けても変わることはありません。

車検料「1万9215円?」は、どんな根拠で決まっている?

ホリデー車検での「車検料」は車型やクラスに関わらずもっとも安い店舗で1万9764円で統一されています。

 

これは基本料と検査料と事務手数料などを含んだ金額ですが、価格設定の根拠はとてもシンプルなものです。「お客様にメリットがあり同時に整備工場が充実した設備・技術と、健全な経営を維持できるギリギリの金額を算出」しています。

 

地域や設備によって基本料には5400円ほどの差異がありますが、「約2万から2万5000円」くらいの車検料価格帯が、サービスの質を悪化させることなく、ユーザーのメリットを薄めることもない「ベストバランス」だと「ホリデー車検」では考えています。

 

そうしたグッドバランスを支えているのが、とかくムダな作業が増えがちな一般整備に関しても費用を抑えるサービスシステム「対話型立会い車検」です。

ユーザーとアドバイザーの心がひとつになる「立会い」と「対話」

車検当日、作業前に必ずユーザーが現場で実情をチェックするのが「立会い」と呼ばれるシステムです。リフトでクルマを上げて普段は見ることのできない下まわりの状態まで、カーアドバイザーとともに確認します。

 

この時にカーアドバイザーとともに徹底的に「対話」することが、整備代金を安く抑える秘密のひとつです。注目は「追加整備」と呼ばれる項目でユーザーが整備担当者に話を聞いて納得しない限りは、整備や交換などの作業を始めることはありません。

 

過剰なサービスを徹底して減らすことが、結果的にムダな時間や不要なパーツ代などを低減することにつながります。

 

車検自体の費用が一見安くてもこの追加整備の部分で上乗せされてしまうケースもあります。つまり「ホリデー車検」の価格設定は実質的な総額で安くする意味でもバランスが優れているのです。ちなみに車検料が加盟店ごとに料金体系が異なっていることも、安価な一律料金によって無理が生じないようにするための方策のひとつです。

さらに「安心」感を高めてくれる独自の取り組み

ただ「安い」だけではかえって不安になってしまうこともあります。とくにクルマの場合「安かろう悪かろう」で気づかない不調を抱えたまま結果的に事故を起こしてしまったりしたのでは、車検で節約した意味がまったくありません。

 

その点「ホリデー車検」は優れた整備技術に裏打ちされた高いサービスクオリティを、すべての店舗で保証してくれるので安心です。加盟店はすべて運輸局の指定を受けた民間車検工場ですから、いわゆる代行車検や斡旋だけを行う「車検業者」とは大きな違いがあります。

 

国家資格を保有する熟練スタッフが点検・車検・整備を担当してくれるので、ひとつひとつの作業内容に関しても十分満足することができるでしょう。

 

ただ単に資格を有しているだけでなくホリデー車検は独自の研修にも積極的に取り組んで、日本全国でサービスクオリティのアベレージを向上させています。結果的にすべての店舗が国際的な品質保証に関する規格ISO9001;2008を取得しています。

車検あとは、かかりつけのドクターのようにアフターフォロー

車検代行業や斡旋系の業者は基本的に車検を取得した段階で仕事は終了。ユーザーは以降すべてのメンテナンスについて自己管理をするしかありません。一方で「ホリデー車検」はある意味、車検・整備が終わった段階からより濃密なサービスを提供してくれます。

 

その要となるのが車検時に行った点検結果にもとづく「整備計画」です。愛車の健康状態をチェックすることで、たとえば消耗部品の劣化状態を確認、適切な交換時期などをユーザーとともに考えてくれます。

 

予定が近づいてきたら計画に沿った整備・交換時期を電話もしくはハガキなどで知らせてくれるので、うっかり忘れることもありません。車検時には必要のないパーツ交換もいつかは対応しなければなりませんが、その最適なタイミングもしっかり管理してくれる頼りになるサポートプログラムです。

ネット予約も対応!! すべてがお手軽

「立会い車検」のメリットを生む根幹は、来店が必要でも無駄に待たせることがない完全予約制にあります。来店時間を決めておけばそれに合わせて複数スタッフが待機、点検と整備をシステマティックにこなすことで、ユーザーはイライラしなくてすむワケです。

 

予約はホームページ上の専用フォームで24時間受けつけています。名前や連絡先などの「お客様情報」と、希望するお店、希望の日時などの予約内容を入力、送信すればOK。

 

予約の完了は店舗からの確認を待つのみです。車検証情報も入力できる上にFAXなどでの面倒なやりとりもなく、スピーディに終えることができます。もちろんケータイやスマホも対応しています。

最短30分?の作業でも、整備内容は信頼性抜群だ。

「車検は最短30分?」というキャッチコピーは、時間を大切にすることにこだわるユーザーにはとにかくわかりやすいセールスポイントと言えます。何日も預ける必要がなく感覚的には「ちょっと美容院に」行くときよりもお気軽かもしれません。

 

実際に来店してからの流れはまずは受付と車両確認を済ませてから、複数のメカニックによる受入検査が行われます。車検証と現車が同一であることを確認、外観寸法など違反している場所がないかを確認します。

 

次に作業しているところでクルマの状態を確認します。カーライフ・アドバイザーとともに「立会い」、不具合部分への対応をさまざまな角度から検討していきます。部品交換などの整備が必要な場合も必ずユーザーに説明し、ユーザーが納得してからではないと作業しないスタンスをとっています。

 

整備が終わったらいよいよ車検メニューに沿って機能を確認、ライトやサイドスリップ、ブレーキといった項目につき基準内に収まっているかどうかをチェックしていきます。排出ガスのチェックもここ行われます。

 

最後に作業内容をオーナーが確認したあと、支払いを済ませればすべてが完了です。適合商標(仮車検証)を発行してもらえばこれまでと変わることなく愛車を走らせることができます。こうした効率の良い作業によって、メンテナンスまで含めても最短ならたった30分ほどでこなすことができるのです。

更新履歴