完全来店型・立会説明・短時間車検のメリット。ホリデー車検のビジネスモデルは「サービス」を最優先

1994年に「ホリデー車検」がスタートする以前、車検にはおおむね「お金も手間も時間もかかる」というイメージがありました。ホリデー車検はそんなネガティブ感を払拭することを目指して考案されたのです。

 

完全予約制やユーザー自らがマイカーを運んでくる来店型、専門のメカニックによる丁寧な点検・整備と立会説明で確立した作業内容・料金の透明性などなど、「ユーザーに信頼される」ためにさまざまな効率化が図られました。「車検はサービス業」というコンセプトが、あらゆるステージで徹底されています。

 

検査業務・作業手順のマニュアル化も、効率的な作業と高い信頼性を両立するための工夫です。熟練のメカニック複数名が集中的に検査点検を行い、その状態をユーザーに確認してもらいながら、最適な整備計画を提示することが可能になりました。納得感だけでなく安心感や満足感などすべてで、ユーザーコンシャスな価値あるサービスを提供しています。

 

もちろんサービスのクオリティを高める工夫も忘れてはいません。たとえば車検料の中の基本料金は、地域や店舗の設備内容に合わせて違います。約5400円ほどの差ですが、ここでもサービスクオリティと価格とのベストバランスが実現されています。「安全」というクオリティを、効率化やコスト削減を理由に犠牲にすることは決してありません。

完全予約制・来店型で愛車のコンディションをしっかり確認

ホリデー車検はホームページで24時間予約が可能です。手元に車検証さえ用意してあれば、必要な時間は約10分ほど。車検を受けたいお店や日時の選択など、スマートフォンや携帯電話でもチェックできます。希望日は3日後からとなります。

 

予約制にすることで工場としては計画的な作業管理が可能になり、スタッフのマンパワーを最大限に使いこなすことができます。予約制なのでこだわりたい要望などをあらかじめ伝えておくことも可能です。

 

メカニックにも余裕が生まれることで作業の信頼性が増し、時間的なロスも最小限で済むハズです。予約の段階で疑問に思うことや不安なことをしっかり聞いておくことも、同様に大切です。

 

自分の都合に合わせて予約をしたら車検当日は、ユーザーが自ら工場に愛車を運びます。車検用の検査も同じ場所で行いますから、他の誰かに愛車を運転されることは最小限で済みます。クルマを大切にしている人にとっては、譲れない重要なポイントと言えるかもしれません。

 

さらに来店型サービスで見逃せない大きなメリットは、ユーザー自身が愛車のコンディションをしっかり把握できるところです。ふだんのチェックでは気づかないような不調不具合も含めて、プロのメカニックが丁寧に解説してくれますから、自分のクルマがどんな健康状態なのかを把握することができます。

 

そのうえで最適な整備を考えることができるのです。この『対話型立会い車検』こそが、ホリデー車検のセールスポイントでもあります。

メカニックによるユーザーへの立会説明が、安心感につながる

従来の「おまかせ型」車検では作業内容はもちろん交換される部品の必然性や価格的なもの、最終的な完成度まで含めてすべてが終わってはじめて説明されるという可能性がありました。

 

たとえ新車で購入したとしても、3年を経ていればそれなりに走行距離も延びて、消耗部品の一部を交換したほうがいいことは確かです。しかし一方でその交換の緊急性に関して、ユーザーが口を挟むことは概ねできませんでした。

 

そんなユーザーの不満点と不安点を解決しているのが『対話型立会い車検』というシステムです。部品交換ひとつでもホリデー車検ではユーザーに立ち会ってもらい、実車の状態をメカニックが説明して納得したもらったうえでなければ、作業を進めることはありません。

 

今まで理解できなかった整備内容を把握できれば、修理や補修にかかる費用もとても料金がとてもわかりやすくなるので、安心感が大きく違います。しばらくは交換しなくても持ちそうだ、と判断した場合には後日あらためて整備する予定を計画的に組むことができるのも、『対話型立会い車検』の特徴です。

 

不要な部品交換をすることがないので無駄な廃品が出ることもなく、お財布はもちろん環境にも優しいものです。

 

国が定めた点検基準に基づいてプロの整備士が迅速に作業を進めていきますが、最終的にはその作業の完了具合までチェクすることが可能になります。これであとから「こんなハズじゃなかった」と悔やむこともなくなるハズ。クレームを防ぐことで、ユーザーもメカニックも、気持ち良くドライブ&作業できるのです。

実は「面倒くさい」くらいがもっとも効率的で確実なのかも

「自分でクルマを持ち込むのが面倒くさい」というユーザーもいるかもしれません。しかしたとえばディーラーなどで車検を受ける場合には、事前に見積もりをとっておいたほうがお得になる可能性が高いのです。本番の車検前にどの部分がどんな状態になっていて、たとえば不具合が生じている場合にどんな対処をすればいいのか、ということを、明確にすることが大事です。

 

ここでポイントは「車検を通すことに問題はない」部分を節約することができる、ということです。だからたとえ二度手間になったとしても、事前見積もりがベターな選択、ということなのです。

 

もっともホリデー車検の場合は、事前車検ではなく現場で同じように現状を把握し、その場で判断するための丁寧な説明を受けることができるのですから、結果的には時間も手間も、ディーラーに頼むよりもラクになります。

 

あるいは「予約をするのが面倒くさい」という場合もあるでしょう。けれどやはりディーラー車検でも、事前に予約することはマナー的にも重要です。

 

もちろんディーラーのキャパシティによっては当日連絡でもつじつまを合わせてくれることがあるようですが、整備が立て込んでいて何時間も待たされたり、担当しているメカニックが不在で慣れていない担当者に任せざるを得なくなる場合もあります。結局はディーラー側もユーザー側も、誰も得をしないことになってしまいます。

 

ホリデー車検は一見するとユーザーに手間をかけさせているかのように思えるかもしれませんが、実際はすべてをシステマティックに効率的にまとめあげた、とても「面倒くさくない」車検なのです。

必要な点検整備をしっかり行いながらも、待たせない工夫

完全予約制によって複数のメカニックを時間に合わせて即座に動かすことが可能になります。そのため車検時のメンテナンスを整備工場で行いながら、同時に車検に関わる点検作業も綿密に進めることが可能になりました。

 

マンパワーを効率良く駆使することで、最短で30分、通常は約60分ほどで受付から完成検査までをこなしています。

 

「時短」のもうひとつの要と言えるのが、安全などに直接関係のない「過度なサービス」的作業を、省いているところでしょう。ディーラーなどでは下廻り洗車・下廻り塗装・外部洗車・ワックス掛け・室内清掃などがごくごく当たり前に「車検」作業の一環として行われています。

 

もちろんそこにも「工賃」が発生しているワケですが、実はこうした作業は法律でとくに規定されていないものです。安全性などにも直接関わるものではなく、ユーザーに負担してもらうべきコストではないと考え、ホリデー車検ではそうしたサービスを省いて、「待ちくたびれる」ことのない時間的メリットを追及しているのでした。

ホリデー車検が選ばれる3つの理由

  1. ホリデー車検は不要な整備を省くことでリーズナブルな車検を提案し、他の車検業者と比べて約22,000円の差が!
  2. 受付から最短30〜40分で車検とメンテナンスの作業が完了
  3. 整備士すべてが国家資格を有しているため、安心して車検をお任せ!

ホリデー車検予約へ

ホリデー車検の予約は、インターネットで24時間受け付けています。車検証情報まで入力可能でFAXでのやり取りなどはありません。 パソコンでの操作は簡単4ステップ!!共通情報入力→車両情報入力→ご予約確認→仮予約完了です♪